よくある質問

児童見守りサービスについて

「児童見守りサービスとは何ですか?」

「児童見守りサービス」とは、在宅中のお子様の「見守り」「生活サポート」「学習力の向上」を目的としたインターネットを使った訪問サービスです。

「どのようなシステムですか?」

「児童見守りサービス」は、お子様のもとに児童見守りアプリ(通称:kid’s)が内蔵されたタブレット端末を設置いたします。このアプリによりお子様の「見守り」「生活サポート」「緊急通報」「学習コンテンツ」が利用できます。

「開発する理由はなんですか?」

3点あります。一つ目は、犯罪から小学生を守るサポートツールの必要性からです。校外中の小学生が犯罪に巻き込まれるケースが増えています。「安否確認」「ビデオ通話」でお子様を見守るサポートを行うことが理由の一つです。二つ目は、お子様の生活・学習力の向上です。そして三つ目は、Kid’sを通じてお子様とご両親がいつもつながっている事で親子間の交流の促進を図る事が理由です。

「子供の留守番用に使えますか?」

お子様お一人での長時間に亘る留守番では、使用をお控えくださいますようお願い致します。「児童見守りサービス」は、常にお子様をどこからでも見守ることを前提にしてつくったシステムです。どうしてもお子様をお一人にする場合は、マザーコンシェルジュのシッターサービスをご利用ください。サービススタッフがお子様をご自宅でお見守り致します。外出したお客様はKid’sを通じて、その様子を監視できます。

「操作は難しいですか?」

タブレット端末での操作なので、小学生のお客様でも指一本で簡単に扱えます。操作は文字と音声による案内があります。聴覚が不自由な場合は、骨伝導イヤホン、外部スピーカー等を付属でご利用していただく事になります。

「どこに設置すればよいのですか?」

リビングでも寝室でもどこでも設置が可能です。ただし在宅で安定してご利用いただくには、一定以上の速度のインターネット回線の必要があります。

「友人に貸したいのですが?」

当システム(マザーコンシェルジュ2.0「motherconcierge2.0」)は、登録商標されており「転貸」「転売」することはできません。(登録5131259号)

各コンテンツについて

「おはなし」とは?

「おはなし」とはKid’sのビデオ通話システムです。在宅中のお子様は、Kid’sの「おはなし」で外出中の母親のスマートフォンに連絡することができます。音声通話、ビデオ通話ともに無料。ただしスカイプの事前登録が必要でございます。

「れんらく」とは?

お子様の生活サポートと安否確認を行う機能です。お子様の行動を24 時間にわたり動画メッセージでサポート致します。意思表示として〇ボタンを押せばメールが指定先に送られ安否確認として機能致します。未確認の場合にはメッセージが送られます。

「メッセージメール機能」とは?

学級連絡やPTA会報などを配布することができます。教育機関と家庭とを結ぶツールとしてご利用が可能となります。

「がくしゅう」について?

低学年用では「国語」「算数」「英語」「生活問題」の学習問題を動物キャラクターが対話方式で出題し、お子様が回答いたします。今後、学習コンテンツは学年別に準じて「ゲーム」「ドリル」など様々な方式を採用していきます。

「きんきゅう」のシステムは?

児童見守りアプリにある「きんきゅう」ボタンを押すことで、指定先に緊急通報が届きます。指定先となるコールセンターから電話連絡が行われ、状況により地域のサービススタッフがお客様のご自宅に駆けつける仕組みです。

「おはなし」とは?

スカイプを使った無料のビデオ通話システムです。10台のスマートフォンとビデオカメラ通話が可能です。どんなに長時間話しても無料です!(スカイプの登録が必要です)

「システムが機能しなかった時は?」

児童見守りアプリの緊急通報にはメール、IP電話などの二重三重のバックアップを用意しております。それでも天災や機器の故障又は回線が切断し緊急通報が機能しない場合を想定し、お客様のご希望を考慮して①衛星電話②Twitterの準備をしております。

運営会社について

「運営会社はどんな会社ですか?」

株式会社マザーコンシェルジュは、地域での医療・介護・育児でインターネットを使った訪問サービスを行っております。高齢者や子供たちが安心して生活ができる社会にするには、地域での医療・福祉サービスの連携が重要と考えております。そのためにマザーコンシェルジュは、人と人とを結びつける「人材」と「IT」を活用させた「見守りサービス」」を作りました。新しい技術とサービスで地域の皆様のお役にたてれば幸いでございます。

「どんな活動を行っているのですか?」

マザーコンシェルジュでは、CSR(社会貢献活動)として以下をおこなっております。
・CO2削減活動 環境庁
・ワークライフバランスの普及「カエル!ジャパン」内閣府
・男性の育児参加「イクメンプロジェクト」厚生労働省
・子育て支援「パパママ応援ショップ」さいたま県

「届出・認可は?」

・古物商許可証 東京都公安委員会 第305581208670号
・電気通信事業届出 A-24-12584

「パートナー事業体とは?」

マザーコンシェルジュは、インターネットを活用した訪問サービスで、効率的で安定した地域サポートを目指しております。小さな力でもネットワークによる連携があれば大きな壁も乗り越えられると確信しております。パートナー事業体は、「見守りサービス」及び「児童見守りサービス」にご賛同頂いた法人様・個人様との複合体となります。

どんなパートナーを求めているのですか?

「地域貢献」「社会福祉サービスの普及」にご理解いただける方なら法人様・個人様問わず大歓迎でございます。ただし政治・宗教関連の団体・グループ様、性風俗業者様とのパートナー(提携)関係はご遠慮させていただきます。
また反社会的勢力とのお取引は一切お断りいたします。以下に該当し、お取引が不適切であると判断した場合には、継続中のサービスでも中断させて頂きます。

(1)次のいずれかに該当することが判明した場合
暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋など、特殊知能暴力集団など、その他これらに準ずる団体、グループ、個人等。

(2)自らまたは第三者を利用して次のいずれかに該当する行為をした場合
暴力的な要求行為(性的な強要行為を含む)、法的な責任を超えた不当な要求行為、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為、インターネット等で風説を流布し偽計を用いまたは威力を用いて当社の信用を毀損し、または当社の業務を妨害する行為、その他これらに準ずる行為。

料金について

「料金はいくらかかりますか?」

「買い取り方式」と「リース方式」があります。
「買い取り方式」は、システムの一括購入となります。初期費用としてシステム購入代¥48000円がかかります。その他、運営費として毎月1980円かかります。
リース方式は、初期費用がゼロです。毎月3980円の運営費がかかります。(2年契約)
→詳細は「個人様向けリース契約について」をご覧ください

「個人と法人で料金が違うのですか?」

料金については基本的に同じです。
ただし法人のリース方式は、3台以上の場合3か月分を手付金として事前にお支払いいただくことになります。

「申込み方を教えてください」

「児童見守りサービス」のお申し込みについては、当WEBサイトのフォーム又はお電話でお申し込みください。お申込先は、株式会社マザーコンシェルジュです。
お申込 03(3942)6521  メール info@motherconcierge.co.jp

契約について

「契約について教えてください」

〇期間
「購入方式」の場合、本契約の有効期間は、サービス開始後1年間とし、期間満了日3ヶ月以前にお客様から終了の申し出がない場合は更に1年間更新するものと致します。
「リース方式」の場合、本契約の有効期間は、2年間となります。
〇契約解除
「購入方式」の場合、本契約締結後、8日以内ならば契約解除ができます。その場合の手数料、違約金は発生いたしません。本契約締結後、9日以降からは日割り計算によりサービス利用料をお支払いいただくことになります。
「リース方式」の場合、本契約締結前にキャンセルをしても手数料、違約金は発生いたしません。本契約締結後は、中途解除は認められません。2年間分の残金をお支払いいただくことになります。
〇禁止行為第
お客様が以下の行為に該当したときは、そのサービスを停止致します。
(1) 毎月の基本利用料の支払いがその支払日から2か月以上遅延したとき
(2) 緊急コールの悪意の濫用があると当社が認めたとき
(3) お客様が亡くなられたとき
(4) その他本約款に違反し、当社がその資格の喪失を相当と認めたとき